TOP > コラム > 開運、当たりの境地

新規会員募集中

公式メールマガジン

メールアドレス (必須)
お名前

プライバシーポリシー  PDFで開きます

Twitter

facebook

コラム

2013/04/19開運、当たりの境地
カテゴリ:

運が良くなりたいという人に、具体的にどういうことか聞いてみると、割と多くが「宝くじに当たりたい!」と答えてきます。
まぁ、最近では高額の当たりもあって最高で8億円とか。
何もしないで大金が入ってくると言うのは楽しい話ですからねー。

エネルギーで宝くじ当たる方法が、、、もしもあったらいくらで買いますか(^O^)。
例えば、一千万出したら確実に三億円が当たる方法があるとしたら、、、多分買わないんじゃないかと思います。
こういうのは、ちょっとだけ買って当たるから良いんですよね。

宝くじでなくとも、何かに当たるときは予感のようなものが働きますよね。

学生時代とか、苦手なところとか、予習をしていないときに限って当てられるとか。 
気持ちを読まれているのかと思いませんでしたか?

また、じゃんけん大会とか、くじ引きとか。
そういうときも、当たるときには事前に「勝ちそうだなぁ」「当たりそうだなぁ」と感じたことはありませんか?
私はよくあります。

それって、「勝ちたい」「当たりたい」と思っているわけじゃないんですよね。
そうなることが当たり前になっているわけです。

ということで、「当たり前」というのは大切なことなんじゃないか。
当たって当たり前の境地に立っていると、当たるような気がします。
当たらないときは、「当たったらどうしよう」という思いが巡っていたりしますから。

ということで「当たりの境地」をエネルギー的に作り出したら良いんじゃないか!
そしたら、大儲けできそうだ・・・なんて考えていると「当たりの境地」にはなれそうもないですね(^^ゞ。